外国人の採用・雇用に必要な在留資格申請代行します。杉並区・中野区・練馬区対応の行政書士

永住許可

TOP永住許可

永住許可

03-6276-9204

これからも日本で長く生活していきたいとき(永住申請)

永住者とは、本国の国籍を持ったままで日本にずっといられる資格です。
日本での活動に制限がないので、日本人同様にどんな仕事にも就くことができます。

「ずっといられる」というのは、更新手続きの必要がない、という意味です。

再入国許可の手続きを間違えれば、永住者の地位はなくなってしまいますし、犯罪を犯せば退去処分を受ける可能性もあります。

日本国籍を取得する「帰化」とは、これらの点で異なってきます。

永住申請の条件

①素行が善良であること。

日本の法律を守って生活しているか、ということです。
道路交通法違反などにも気をつけましょう。

②独立の生活を営むに足りる資産又は技能を有すること。

お金、住居、仕事、その他資産状況から、日本で生活していける資力があるかを総合的に判断されます。

申請する本人が働いていなくても、配偶者や両親に面倒を見てもらえる状況であれば、この条件をクリアできます。

③10年以上継続して日本に在留していること。

初めて日本に来たときから、途切れることなく10年以上滞在していることが必要です。再入国を取得しないで、日本から出てしまった場合には、在留が途切れてしまいますので、再入国の時からさらに10年の滞在が必要になります。
また、留学の資格で入国した人は、その後就労ビザで5年以上在留していないと申請することができません。

※現在の在留資格で最長の在留期限を持っていることも条件ですので、在留期間をチェックしましょう。

Q.最長の在留期限が「5年」になったら、永住許可の要件も5年の在留期限になるのですか?

A.最長の在留期限とは、「その人にとって最長」の在留期限を言います。雇用会社のカテゴリーによっては、どんなに本人が頑張っても「3年」しか出ない場合もあります。その場合には、「3年」が最長の在留期間として認められます。

【永住の10年在留の特例】

永住は原則10年以上の在留が条件になりますが、以下の場合には特例があります。

  • 日本人、永住者及び特別永住者の配偶者の場合、婚姻生活が3年以上継続し、かつ引き続き1年以上日本に在留していること。その実子等の場合は1年以上日本に継続して在留していること。
  • 「定住者」が5年以上引き続き日本に在留していること
  • 難民認定を受けた者が、認定後5年以上引き続き日本に在留していること
  • 外交、社会、経済、文化等の分野において我が国への貢献があると認められるものが、5年以上日本に在留していること

永住許可申請の手続き

申請先

入国管理局

必要書類

  • 永住許可申請書
  • 身分関係を証明する資料(戸籍謄本、婚姻証明書、出生証明書など)
  • 外国人登録済証明書か住民票
  • 職業を証明する書類(在職証明書など)
  • 所得を証明する書類(源泉徴収票、納税証明書、確定申告の写しなど)
  • 資産を証明する書類
  • 身元保証に関する資料
  • 家族状況に関する書類

その他の在留手続き

再入国許可
資格外活動許可
就労資格証明書
在留資格取得許可
帰化許可

03-6276-9204

対応地域:東京都杉並区(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)吉祥寺、中野区・練馬区・新宿区・渋谷区・世田谷区・千代田区・中央区・文京区・港区・品川区・豊島区・目黒区・大田区・板橋区・北区・荒川区・台東区・足立区・墨田区・江東区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・ 青梅市・ 府中市 昭島市・ 調布市・ 町田市・ 小金井市・ 小平市・ 日野市・ 東村山市・ 国分寺市・ 国立市・ 福生市・ 狛江市・ 東大和市・ 清瀬市・ 東久留米市・ 武蔵村山市・ 多摩市・ 稲城市・ 羽村市・ あきる野市・ 西東京市

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional