外国人の採用・雇用に必要な在留資格申請代行します。杉並区・中野区・練馬区対応の行政書士

新しい在留管理制度

TOP新しい在留管理制度

新しい在留管理制度

外国人の在留制度が変わります。

2012年7月9日に新しい入管法が施行されます。これほど大きな改正はもう2度とないのではないか、と言われるほどの大改正です。
改正の趣旨は、日本に中長期間在留する外国人の在留状況を正確かつ継続的に入管が把握できるようにするところにあります。
正確かつ継続的な管理ですから、当然、厳しい規制もできましたし、新たに届出ずべき場面も増えました。他方で、利便性向上も図られています。
在留期間の上限はいままで3年でしたが、5年が新設されました。
 また、みなし再入国制度が導入され、1年以内に再入国する場合には再入国許可が不要となりました。アメとムチといえましょう。
 今回の改正の目玉はなんといっても「在留カード」。外国人登録証が廃止され、新たに在留カードが発行されます。これらの改正が、外国人の方の生活にすぐに影響するわけではありませんが、制度と手続きを理解しておかないと、いつの間にか法律違反になっていた、なんてことも起こり得ます。

改正のポイント

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional