外国人の採用・雇用に必要な在留資格申請代行します。杉並区・中野区・練馬区対応の行政書士

在留期間の変更

TOP新しい在留管理制度在留期間の変更

在留期間の変更

在留期間の最長が5年になります

主な改正点の一つに在留期間があります。

最長が5年になるのです。

5年が出ると、永住がぐっと近づきますね。

しかし、誰でも5年が出るわけではありません。

勤務先のランク(カテゴリー)などによって、

許可される最長期間が変わってきてしまうのです。

「3年」が最長のケースでどんなに頑張っても5年が出ません。

ということは、永住申請の要件である「最長の在留期間」も

その人ごとに違ってくることになります。

必ずしも「5年」が永住申請の要件ではないのです。

「その人にとって最長の在留期間」

これが永住申請の要件になります。

最長期間だけでなく、最短期間も変わります。

就労系のものでは「3月」、身分系では「6月」、

留学には「3月、6月、3年、3年3月、4年、4年3月」が新設されました。

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional